青木商店の歴史

昭和初期から代々続く豆腐屋です

青木商店は、現在三代目になる老舗の豆腐屋です。
初代より、ここ宮城県柴田郡で商業を営んできました。初代は当初米店だったようですが、その後はこんにゃくの製造を始め、だんだんと豆腐や油揚げ製品の製造まで分野を広げていったそうです。
二代目、三代目も先代の跡を継ぎ、こんにゃくや豆腐、油揚げの製造をして取引先の拡大をおこなってきました。現在は四代目が歴史ある味と製法を習得するべく、修行に励んでいます。

創業から70年以上、現在では機械化が進みましたが、にがりの投入や油あげの揚げなど、人にしかわからない勘やタイミングを要する工程には、今までの経験が大いに生かされています。

当社が70年以上この商売を続けてこられたのは、何よりも地域の皆様の支えによるものです。
そして、創業以来大切にしていることがあります。

手づくりの味を継承すること
安心・安全な素材を使用すること
より多くの方に商品を知ってもらうこと

この3点を大切にして、これからも創業からの精神を継承しつつ、新しいことにも挑戦していきたいと思っています。